×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

酒蔵
焼酎(芋)
薩摩の皇帝 旧酎「侍士の門」源流カメ仕込み
侍士の門

前々から
一度呑んでみたかった一本ですが
機会が得られず
今日まで呑めずにいました

が・・・
遂に・・・
Get!!!(嬉)

どんなんかなぁ♪


侍士の門(ラベル)
薩摩=いも
侍士=さむらい
と読み替えます

がっつんくる
男性的な味を予想していたけど
どちらかと言えば
女性的で優しい味?

ふくよかな香りと
柔らかい味がしました☆


侍士の門(裏ラベル)
「本品は〜(省略)」
「江戸時代の頃の幻の米」
「『白玉米』を使用して造られた」
「当時の侍達が」
「酌み交わしたであろう」
「幻の味をご賞味ください」

へぇえええ
麹米の「白玉米」って
復活栽培された米なんやね☆


侍士の門(家紋)
この「家紋」
調べてみたけど
イマイチよぅ判らんかったわ(汗)

「丸に十字」は
鹿児島・島津家のモノ
背景になっている
「三つ葉葵」?は
徳川家のモノやんね?
「江戸時代の侍」
を表しているのかな?(謎)


侍士の門(封緘紙)

この「封緘紙」をぺりぺりっと
剥がす瞬間が・・・
堪りません☆(笑)

どんなんかなぁ♪
と期待でドキドキ☆

まるで
新しいおもちゃ箱を開ける時
みたいな気分です♪(爆)



商品名 薩摩の皇帝 旧酎「侍士の門」源流カメ仕込み
アルコール分 25度
原材料名 甘藷(財部を含む大隈半島産)・米麹(財部町産白玉米)
割 水 悠久の森((株)クリーンエコ財部研究所)
製造元 太久保酒造株式会社
開 栓 2006年7月5日

   酒蔵入り口に戻る