ねぇの部屋
ねぇの独り言。
勝手なことも言っちゃうと思いますが・・・堪忍な。
×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

2005年4月28日
母の気持ち
今日で尼崎・列車事故から四日目です。
遂に、犠牲者の数(命の数)が「100」を超えました。


昨日、一昨日と所用があって実家で夕食を済ませました。

帰り際、母が一言。
「あんたなぁ、変な死に方だけはしぃなや」

・・・。
『変な死に方』って・・・失礼な!!

実は、子供の頃からずっと云われていました。同じ様な事を。
当時は 「新聞沙汰になるような事だけはせんといてや」
「世間に顔向け出来へんようになるような事はしぃなや」 でした。

お陰様で、真っ当な(?)人間に成長しました(爆)。

人としては、加害者に憤りを感じ、被害者(犠牲者)に同情をするのでしょうが、
親としては、加害者、或いは被害者(犠牲者)が我が子でなくて良かったと先ず思うのでしょう。

その気持ちも解りますし、また、当然の事なのでしょう。
解るけど・・・解るけど、もうちょっと違う言い方があるんやないのん?
なぁ、お母ちゃん^^;
2005年4月26日
尼崎・列車事故(二日目)
朝、いつものように電車で通勤。
昨日の事故の影響があるだろうから・・・と思い、早めに家を出ました。

私は、いつも「女性専用車両」に乗り込みます。
電車を待っている間も、乗り込んだ後も、いつもと変わらない乗客達。

昨日の事故の話題を避けているかのような・・・。
しかし、どこか不安顔。
    どこか不安げな空気感。
或る意味、緊張感が漂っている、と云えるのかしら。
まるで、平静を装っているかのようです・・・。

昨日の今日だから、それも致し方あるまい。

何日経っても、
何ヶ月経っても、
恐らくは、何年過ぎ去ろうとも、
この電車に乗る度に、昨日の事を忘れる事は無いでしょう。

ある朝、ふと、思い出すのでしょう。


※blog「ねぇの愚痴」にも同じ記事をアップしています。
2005年4月25日
尼崎・列車事故
今朝、兵庫・尼崎で大変な列車事故が発生し、ニュースを見聞きするたび、心を痛めています。
私が事故に遭った訳ではないけれども、身近な場所で起こった事。
しかも、通勤に利用している路線の延長線上にある場所。
『宝塚〜同志社前』の電車だったと聞きました。
私の利用する駅は、その間にあります。
事故車輌は、見慣れた車体。
他人事とはとても思えません。

犠牲者の冥福と、
負傷者、怪我は無かったものの事故に遭われた方々、
そしてご遺族の一日も早い体と心の回復を祈ります。

JR西日本様。
一日でも早く、事故原因を究明し、二度とこのような事故が起きないように迅速な対応を執って下さいます事を切に願います。


※blog「ねぇの愚痴」にも同じ記事をアップしています。
2005年4月23日
乾燥肌
どちらかと云えば乾燥肌。って程度だったのですが、2年程前から、絶対乾燥肌!になっています^^;

夏場は何ら問題ないし、冬も乗り越えられるのですが、今の季節、春になると!!

2〜3日前から、やたらと腕や足に痒みがあり、ふと袖をまくって見てみると・・・潮が噴いているじゃああ〜りませんか!?ひぃいいい(>_<)
腕(二の腕)と足(太股)。
皮膚の細胞が判るくらいに、かさかさ。乾燥して白く浮いているんですぅ(ToT)
シャツ(化繊)がお肌に触れるたびに痛痒いしぃ・・・(- -;)
綿シャツに替えてみたけど、時既に遅しやしぃ・・・。

毎晩、お風呂上がりにはベビーオイルを欠かさず全身に塗っているのに。
昨年は、このベビーオイルだけで乗り越えられました。
一昨年は、初めて今回のような状態になり、堪らず皮膚科を受診。
処方して頂いた軟膏薬で何とか治まりました。
今年は・・・冷蔵庫に常備している(なんでやねん!?爆)市販の『尿素20%配合クリーム』をたっぷりと塗り込んでみました。
すると、あら不思議!?
痒みが治まったわ♪

未だ少し潮は噴いているけれども、集中して塗り込んでいればそのうちに治まるでしょう(たぶん^^:)。


はぁ・・・。
歳と共にお肌の油分(保水力?)が失われていくとは云うものの・・・。
まぁね。普段の食事も油分控えめやし。
けれども、たまにはたっぷりと油もん摂らんとアカンわなぁ。
天麩羅とか、串カツとか。
うっ。考えただけで胸焼けが・・・(苦笑)。
しゃあない。
やっぱし、体の内側から油分を補給出来へんのんやったら、外側からベビーオイルやクリームをたっぷり塗って補給するっきゃないわな。はぁ・・・。
2005年4月22日
中国人旅行者
昨日は、酔った勢い(?)で随分乱暴な事を書いてしまったなぁと反省しています(ホンマか!?)。

しかし、もう一つだけ言わせて下さい。

「中国国内での『反日』感情が高くなっている」
とメディアで報じられて以来、気になって仕方のない事なのです。

毎朝・毎夕、通勤で利用する「JR大阪駅」。
外回り(銀行回り)の通り道にある「ヨドバシカメラ」。
これらの場所で、よく見かけるのが外国人旅行者の団体。
モンゴロイド系の顔立ちをした人達です。

外国語の苦手な私は、話している言葉から「意味」を理解する事は出来ませんが、「国」を推察する事は出来ます。
「韓国」「中国」「フィリピン」等々。

最近(報道以来)、特に目に付くのが「中国人旅行者」です。
殆ど毎日見かけます。
自国では、「反日」だ、「デモ」だ、「不買」だ、と大騒ぎになっている最中なのに、その標的としている日本に旅行で来ている事が不思議でなりません。

以前『外国旅行が出来るのは「富裕層」だ』と聞いたように思います。ならば、今のこの一連の騒ぎは、彼等「富裕層」にとっては思慮外(関係外)の事なのでしょうか?

我々日本人は中国人の日本人に対する治安の悪化を理由に、中国旅行のキャンセルを相次いで行っています。
逆に中国人旅行者はどう思って・感じて日本へ旅行に来ているのでしょう?

「キャンセル料がもったいない」から?
それとも「日本人が自分たちに危害を加えるはずがない」とでも思っているのでしょうか?
真意はもちろん判りません。
しかし、何だか腹立たしくなってきます。
だって、何だか「日本人は弱虫だ」と思われているようではありませんか?
まぁ、或る意味否定はしませんがね・・・。
余計な火種は作りたくありませんもの。


けれどもね、毎日毎日、駅やお店で旅行者の団体を見ていると、
「この人達、何を考えてるのん?」
と思わずには居られないのです。
不思議やわぁ・・・。
よくも、今の険悪(?)な日中関係の中、日本に「遊び」の来られるもんやなぁ・・・。

私のしょぼい頭では、到底理解出来ないわ(苦笑)。


因みに・・・今夜も「酔っぱらった」勢いで書いていたりします^^;
ま、いつもの事やとご勘弁下さいませね(^ ^ゞ
2005年4月21日
中国・上海旅行
私ではありません。私の勤める会社の社長が「行く予定」だったのです。
はい。過去形です。キャンセルになったそうです。
理由は判りますね?

そうです。今、彼の国では「反日」運動が盛んに行われており、身の危険を感じた(当たり前!)主催者が「中止」を余儀なくされたのです。
先々週の「反日デモ」に始まり、日本大使館・領事館への投石等の破壊活動、日本人への暴力。まるで、彼の国の日本に対する鬱憤が爆発したかの様です。
しかしながら、その「鬱憤」とは『戦時中』に端を発したもの。
何故、今なんだ?と云う疑念が拭えません。

彼の国は、過去に捕らわれ、今(現実)を見ていないのか?と思ってしまった。
私は「戦争を知らない」世代です。
歴史や道徳の授業で習っただけで、実感は伴っていません。
それでも、彼の国を含め、東南アジアの国々に対して日本が行っていた「非人道的」な行為は知識として知っています。状況が状況だったにしても「恥ずべき行為」だったと云う事は判ります。

彼の国々は「戦後補償」と云うプラカードを掲げます。
日本は、果たして「戦後補償」をしていないのだろうか?
確かに、個々に対しては立ち後れているでしょう。
しかし、国に対してはどうだろうか?
彼の国々のバックアップを経済・産業面でしていないとは云わせない。

現に、政府(=国民の血税)による援助。民間企業による現地法人設立や工場設立による雇用の確保等々。

日本製品の「不買行動」を扇動しているとも聞きます。
では聞くが、日本製品の不買い運動が進み、日本企業や特に現地法人(工場)の業績が落ちるとどうなる?
企業は撤退を余儀なくされるだろう(業績の見込めない業務からは撤退するのが定石)。
そして、現地法人・工場も規模縮小、或いは撤退・閉鎖となるでしょう。

となると、どうなる?
現地雇用の従業員は解雇だわよね。
恐らく、気分は複雑だわよね。

現に、撤退や閉鎖は未だ無いにしても、観光業界は打撃を受けています。
彼の国への旅行のキャンセルが相次いでいる、と報じられています。
少なくとも、観光業界は大打撃な訳ですよね?
観光地は、観光客が居ないと話しになりませんし。これから日本はゴールデンウィークを迎え、観光シーズンとなるはずだったのに、軒並みキャンセル。
現地法人(工場)にしても、大量解雇を余儀なくされる。

と云う事は、彼の国にとっても大きなマイナスなのではないのか?


戦後、経済発展を遂げた日本がエライ。とか、そう言う事を言いたいのではないのです。

戦時中の日本が犯した罪については、謝罪し、保証を行うのが筋だとは思うのですが、今現在の日本が国連安保理の常任理事国入りを希望している事が、何故そんなに彼の国の人々に、しかも「戦争を知らない」若者を含めて反発させるのかが、私には理解出来ない。
単なる「憂さ晴らし」にしか見えないのです。


私には、華僑の友人がいます。
彼は、云われなければ(名前を聞かなければ)どこから見ても日本人です。顔立ちは多少違いますがね^^;
普通の人です。分別のある大人です。
その彼は、今回の件に関して「ノーコメント」です。
彼等の気持ちも分からないではない。が、私の考えも判る。
彼自身もこの件に関しては複雑な心境のようです。

とても根が深くて、複雑な問題ですから、これ以上の事は云えません。
また、考えも纏まりません。
ただ、一つだけ云いたい事は、日本も彼の国の人々も「今」を生きて欲しい、と云う事です。
私達は若い。
過去の事に捕らわれず、今、そしてこれからを切に生きて欲しいと思うのです。
正直に、真っ当に生きていく事が、過去の清算に繋がると信じたいから。


※あぁ・・・書いている内に燃え尽きてしまったかも^^;
 文章がよれよれですが、ご勘弁願います(いつもか!?苦笑)。
 賛否両論、百人十色の意見・考えがあるのを承知の上で、Upしました。
 私自身は彼の国はもちろん、東南アジア諸国、そして世界中の国が好きです。
 国と云うよりは人々・人間でしょうか。
 お互いに理解し合える(反発や争いのない)世の中が来る事を願って止みません。
2005年4月14日
猫にマタタビ
粉末を愛用しています。
今までは、ちょっとお高い「高級ちっく」なマタタビを使用していました。
が、反応が薄かった・・・。
唯一Arryだけは「ちょっと酔っぱらい?」になったけど(爆)

で、今回は変えてみた。
ってか、いつものを置いていなかったのよね・・・。
いつもと違う店で思い出して買ったから^^;
しかも安かった♪

ところが・・・今回のマタタビの方が反応が良い。
TOMMYはゴロゴロと転げ回るし、Kerryは必至になるし(謎)、Arryも・・・ま、このコは前の時と変わらないが・・・^^;

何と言ってもTOMMYが面白い♪
TOMMYがゴロゴロと転げ回る様なんて、滅多にみられるものじゃない。
(Kerryは毎回・爆)

猫の飼育書に書かれている行動(マタタビを与えた時ってやつ)をTOMMYがするなんて!

TOMMY、あんたもやっぱり「猫」やったんやねぇ(爆)

次回も、この「マタタビ」にしようっと♪
2005年4月10日
お花見♪
行ってきました。お花見♪
昨年と同じ、京都・美山町の「大野ダム公園」

大阪は満開の桜で、今夜の雨で散ってしまうだろう、と云われているが、果たして、山深い所にある「大野ダム公園」はどうだろう・・・。事前に大野ダム公園のホームページで「桜まつり」の開催期間を確認して行ったのだが・・・やはり早かったようだ(>_<)

5分咲〜8分咲といったところか。
「ちらほら」では無いが「満開」でもない。

もちろん、たくさんの花を咲かせている木もあったし、風は心地よいし、えぇお散歩になりましたよ♪

それにしても、流石は京都北部!
下界(市内)とは、満開まで7〜10日もの差がある。
確かに、真夏でも避暑地になるくらい涼しいもんなぁ。

帰り道で寄った「KAMONOSE CABIN」のマスターが、
「道端には、4月2日まで雪が残ってたで」
とおっしゃっていたし・・・(^ ^ゞ

桜の花もそうだったけど、今年は私の気持ち的にも少し寂しかった・・・。
だって、Keiがいないんだもん。
ちょっぴり「うるっ」としそうになった今年のお花見でした(苦笑)。
2005年4月7日
昨日(6日)のお天気で桜が一気に咲き揃いました。
私が利用している通勤電車の車窓から、今朝、それは見事な桜並木が見えました。(もちろん夜も♪)
そこは、桜之宮公園。
有名な『造幣局の桜の通り抜け』がある辺りです。

青空(今朝は曇り空でしたが^^;)と桜並木と川面に映る景色・・・。
毎年の事ながら、目が覚めるほどに美しい眺めです。
ほんの数秒で通り過ぎてしまうのが惜しいですね。
出来ることなら、下車して、ゆっくりと桜並木の間を散歩したい(^-^)

今週末の近畿地方は雨模様の予報。
お花見を延期しようかと思っていましたが、やはり、じっとしていられませんわ。
曇り空の下の桜も、また一興。
春雨に濡れる桜も、乙なものでしょう^^

新潟や福岡等、大型地震に見舞われた地方は、今も余震が続いています。
美しい桜の花が、皆の心を一時でも癒してくれることでしょう。
そして、明日への希望も新に芽生えさせてくれることでしょう。

桜の、大地の、地球の力が私達を明日へと押し出してくれます。

さぁ。桜を愛でに行きましょう♪
2005年4月6日
Kerry!!
真冬でも、決して私のお布団には入ってこなかったKerry。
ところが最近、入ってくるようになった。それも、積極的に!

先ず、TOMMYが私といっしょにお布団に入る。
すると、Kerryが枕元にやって来て、熱〜い視線を送る(笑)。で、入ってくる。
そしてArryもやって来て、一人と3匹で眠ります。

あぁ・・・幸せだな〜チビ達とこうして眠れるなんて♪

ただ・・・TOMMYやArryと違って、Kerryってば、お布団に入ってから大人しく寝てくれない(>_<)
ガサガサ・もそもそ。
まるで、自分の位置取りをしているみたいに(苦笑)。

そうして、朝には一人で寝ているのであった(何でやねん!)。
2005年4月3日
ミナミ(大阪・心斎橋)へ車を走らせると、途中大阪城公園の側を通ります。
丁度、大阪城公園の南東端。
通りに沿って、桜の木が並んでいます。

少し曇り空だったけれど、風は優しく、穏やかな陽気。

桜の季節になったのねぇ・・・。

もう1週間もすれば、公園内の桜も満開になるでしょう。

来週は、彼の地に行ってみよう。
山奥だから、まだ早いかな^^

1年前、Keiと行ったあの公園に。
その昔、DaiとKeiが遊んだ、あの公園に。

4月最新の記事へ戻る

一覧へ戻る