ねぇの部屋
ねぇの独り言。
勝手なことも言っちゃうと思いますが・・・堪忍な。
×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

2004年2月26日
邪魔
今日は夕方になって急ぎの仕事が入り、久しぶりにお持ち帰りした。

脇目もふらずにPCに向かうこと1時間強。
いつもならPCをしていている時にTOMMYが膝に乗ってきても何て事無いし、相手もするのだが、今夜はそんな余裕もなく、PCと私の間にTOMMYの入る空間も無かったし、資料をPC横と床に広げていたので、側に来ても寄せずに放っていたら・・・。

最初は諦めてモニターの裏(因みにPCはノートブックタイプ)で丸くなっていたのに、動き出した。
それでもデータの打ち込みをしていると、なんと、キーボードに乗ろうとしてきた!!
キーボードに手を掛けるので「こらこら、あかんやん」と机(おこたです)から降ろす。また乗ってきて手を掛ける。また降ろす。邪魔せんで〜頼むわ〜。
何度か繰り返しながらも、ようやく終わり「さぁ印刷して終わり☆」と、キーボードから手を離した一瞬の隙を突くかのように・・・。

TOMMYがキーボードの上にで〜んと・・・。

ひゃ〜〜〜〜〜〜〜っ ★○×▼□※△☆!!!

よ、良かった〜先にデータ保存しておいて(- -;

2004年2月21日
鳥インフルエンザ
フェレットは「人」のインフルエンザに感染するが、猫には感染しないと聞いていました。
ところが、今朝のTVニュースで「動物園のトラ」と「飼い猫」が鳥インフルエンザに感染していた事が報道されていました。(タイだったかな?)
「動物園のトラ」は、餌の「鶏の生肉」から感染したらしいと。が、「飼い猫」については感染源の報道が無かった。私が聞きそびれただけか?

今回のインフルエンザって、人にも感染して死者まで出ている。
と云うことは、人からフェレットへも感染するという図式も成り立つのではなかろうか?
未だ、感染ルートが解明されておらず、直接感染なのか、間接感染なのか解らない。

今、私に出来ることは、とにかくウイルスを持ち帰らないこと。手洗い、うがいを今まで以上に念入りにする。

TOMMYは「猫エイズ(猫免疫不全症候群)」、Keiは「インスリノーマ(膵臓ガン)」で、共に免疫力が低下している。すなわち「ウイルスに対する抵抗力が弱い」ということ。感染は「死」に直結してしまう。
特にKeiは私と同伴出勤している状況なので、外にいる時間も気を付けねば・・・。マスク・・・は出来ないから(苦笑)、キャリーバックにカバーでも付けるか・・・。
2004年2月19日
きれい好き
Kerryは長毛種の猫です。たぶんチンチラシルバー(拾いっこなのではっきりわからない)
見た目はデカイけど、身は細い。シャンプーすると笑える程貧弱になる。
それはそれは見事な被毛の持ち主です。

頬の横、足の裏、おしりの周り・・・。びょ〜んと伸びてくるので、たまに切ってあげるのですが、放っておくと大変なことになる。
頬の横は問題ないが、まず「足の裏」。肉球の間から伸びてきて、トイレ砂を持ち歩く。と云うか砂が毛に絡む。で、部屋中砂だらけになる・・・(涙)
そして「おしりの周り」。なんと!そこにはウンチが!ああ・・・。で、彼女が走り回った末に、部屋の片隅にはひとかけらのウンチが・・・コロンと鎮座しています・・・(苦笑)

ここでArryの登場!
鎮座しているヤツに向かって一直線に駆けていき、周りをガリガリ・バリバリ。おいおい。
におい消しの砂掛けをしているつもりなのでしょうね。
「ヤツ」に限らず、TOMMYが「嘔吐したものを食べ直した跡」とか「トイレに失敗した跡」とか、Kerryが「毛玉を吐き出した跡」なんかにも、一生懸命砂掛けをしています。
おかげで、私が気付かなくても、みんなが汚したところは全部Arryが教えてくれます。

猫の砂掛け行動は、自分の匂いを消す為だと思っていましたが、彼女の行動を見ていると、「ここはあたしの場所なんだから、変な匂い付けないでよ!ぷんぷん」と主張しているようです。
そういえば、共用のネコトイレは、TOMMYやKerryが使った後、ほぼ必ずArryがやって来て砂を掛け直している・・・。(ちなみに、Arryはケージの中に専用のトイレを持っている)

「きれい好き」なんだな〜と思っていましたが、実は単に「縄張り意識」が働いているだけなのかしら???誰よりもイチバン『びびり』のくせに(苦笑)
2004年2月11日
英語の氾濫
先に断っておくが、英語が苦手です。話すことはもちろん、書くことも。
中学・高校の成績は「中の上」くらいでしたし、嫌いな訳ではありません。
洋楽も好きで良く聴きます。特に60's〜80's。歌詞の意味は和訳に頼りますけど(苦笑)
機会が有れば「英会話」を習いたいとも思ったりします。

さて、本題。
昨年の後半、仕事が暇で暇で・・・普段は読まない「業界紙」なんぞを隅から隅まで読んでいた時、アルファベットとカタカナが多用されていることに気付いた。
さっぱり意味が解らない。もちろん、多くの読者達(主に業界の経営者・役員)は言葉の意味を理解し、なんなく読んでいるのでしょうが、一社員・一事務員でしかない私にはさっぱり・・・。

テレビやラジオのニュースでよく耳にする言葉なら、社会科でも習った言葉なのでまだ理解できる。繰り返し聞く言葉なので覚える。

「コンプライアンス」「OECD」「コーポレートガバナンス」「ISMS」「アカウンタビリティ」「CRM」「CSR」「ISO」・・・
さて、解った人が果たしてどれほどいるのだろうか。
まるでコンピューターの専門用語のようだ。頭痛いぞ。もちろん、その道の専門家が書いた文章や、対談なので、これくらい普通の言葉なのでしょうが・・・。
メモにとって控えてはいるが、今意味を訊かれてもカタカナのものしか答えられません(苦笑)

これらは業界紙に出てきたほんの一部なのだが、日本中に英単語(和製英語も含む)やアルファベットが溢れている。
CD屋に行くとそれが顕著だ。歌手名やタイトルだけで見ると「邦楽」なのか「洋楽」なのか・・・一応、分けて陳列されているが、もし混ざっていたとしたら、私には全て「洋楽」に見えることだろう。
歌もそう。日本語詩の中に英語が一杯。まだ「歌詞」の一部としてなら雰囲気や曲との調和の関係で仕方ないかな、と思える。
しかし、美しい日本語で書かれた歌詞や文章を見たり聴いたりした時、ほっとするのは私だけではないはず。
構えることなく、すっ・・・と身体に入ってくる。そんな言葉を沢山目にしたり耳にしたいものです。

もちろん、私の社会人としての勉強不足を露呈しているようなものですが、あまりにも多く、時々「ここは本当に日本なのか」と感じることがあります。「日本人なら日本語を使え」と。

私は決して文章を書くことが上手い訳ではなく、綺麗な言葉で話しているとも云えませんが、美しい日本語を使えるようになりたいと思っています。
2004年2月9日
豆ごはん
昨夜、豆ごはんを炊いた。
いつもは塩味だけなのだが、今回はお醤油味の出汁で炊いてみた。

2合のお米(白ごはんの時は1合。今回お豆が多めだったの)を研いで、お豆をサヤから取り出して、お出汁を作って準備完了!15分程つけて・・・後は炊飯器のスイッチを入れるだけ。えいっ。ピッ。

炊き上がるまでメールのチェックでもして・・・と。
約30分後、「ピピーッ」
ん?やけに早いぞ??普段は1時間近くかかるのに???ま、いっか。30分くらい蒸らしたら出来上がりっと。ふふん。

どんなかな〜。美味く出来たかな〜。明日のお弁当は「豆ごはん」っと。パカッ。「・・・・・」
そこには、水分を含んで少し太ったお米とお豆とお出汁が・・・!!

アラーム音が早かった訳を理解した・・・。スイッチを押し間違えていたのだ。「炊飯」と「保温」。またやってまったー!!(←過去、何度か経験有り・涙)

と、取りあえず「炊飯」のスイッチを入れて・・・。
「ピピーッ」あっ、炊けてる(ほっ)。でも、固〜い。お米に芯がある・・・。
お水を足してもう一度(泣)
よし。今度はちゃんと炊けてる。が、しかし・・・まるで「おこわ」のようだ。もちもちしてる。ま、ま、要は味よね。味。うん。・・・たぶん「美味しい」だろう・・・。お出汁がよく利いてるし。お豆の味もしっかりしてるし。

こうして今日のお弁当は「豆おこわ」となったのである(涙)
そうして1つ分かったことがある。それは・・・私の炊飯器は「お米」を「餅米」に変身させる『技』を持っていたということ・・・。

念のために云っておきますが、「美味しかった」ですよ。そ・れ・な・り・に(苦笑)
そして、この「美味しい」「豆おこわ弁当」は、都合3日続くのであった・・・
2004年2月7日
もじもじちゃんU
Uと云っても、Arryのことです(笑)

もじもじちゃんが本格的になってきました。
側に来て「う゛あ〜」
おこたに入っていても「あ〜」
テレビを見ていると、その前に陣取り「う゛〜」
PCしていても、モニターの後ろから覗き見るようにして「あ゛う〜」
決してうるさくは無いのだが(ちょっとはうるさいかも)・・・しつこい。か・な・り、しつこい(苦笑)

お目目をまん丸にして、真っ直ぐに私を見る。
お腹を出してアピールする。
カーペットに背中をこすりつけて「さすって〜!」

負けます。そのしつこさに。その辛そうな声に。その可愛さに。
数日中にはTOMMYも反応することでしょう。
Arryが収まりかけてくると、次はKerryが・・・。

そして、今日もArryをさすっている私が・・・ここに居ます(笑)

ちょっと待てよ!?ってことは、私ってKeiの「下僕」になってたけど、実はArryの「下僕」でもあるってことか?
いやいや、Kerryにも、もちろんTOMMYにも・・・私って・・・みんなの・・・(泣)
2004年2月6日
おぼっちゃま
Keiとの同伴出勤を始めて1ヶ月が経ちました。

通勤にも慣れた様子で、キャリーバッグの中で大人しく眠ってます。
事務所暮らしもすっかり落ち着き、タイマーのセットが完了しているようで、ほぼ3時間おきに起き出してきます。で、「ち〜」と「うんち」を済ませて『遊んで』『キャリーから出して』と訴えます。

1日の行動を紹介しておきましょう。
朝、まずは8時前後に1食目(缶詰+お薬+ミルク)。キャリーに入って通勤体勢。
9時過ぎ、出社。すぐに居場所となるキャリーケースに移すと速攻「ち〜」。
11時前後、ケースの中で2食目(かりかり)。フェレットバイトで誘い、食べさせます。
13時過ぎ、私のお昼休み。ケースから出してロッカーの前に移動。動く範囲を制限されているせいか、結局寝てます・・・。私の食事が終わるとKeiの番。「ほら」と目の前にかりかりを置いても食べない。バイトは舐める。仕方なく、半ば無理矢理口に放り込む。1粒食べると癖が付くのか食べ始めます。ところが、だっこして掌に乗せているかりかりは食べるくせに、床に戻すと食器から食べない。仕方ないので、膝に乗せて手から食べさせる。と、しっかり食べる・・・。おいおい。
17時前後、4食目。取りあえず構ってあげられないので、バイトで誘導し食べさせる。これが・・・食べたり食べなっかたりで。食べてくれるとちゃっちゃと帰ることが出来るのだが、食べてくれないと・・・終業時間前後にケースからロッカー前に移動して、掌から・・・調子よく食べてくれると、床に降ろして掌から離し食器から食べる。駄目な時は、食べ終わるまで動けず、退社するのが遅くなる。仕方ないけどね。
バッグに戻して退社。
19時過ぎ帰宅し、ケージに戻すと安心するのか「ち〜」と「うんち」をしてハンモックへと一直線。
ちょっと遅くなるけど21時頃、5食目。やはりバイトで誘導するが食べない。無理矢理口に入れても・・・食べない。それでも5〜6粒食べさせて、とりあえずバイトを多めにナメさせて凌ぐ。時には掌からしっかり食べることもあるけど。掌からね。
1時〜2時頃、最後のごはん。これは1食目と同じ(缶詰+お薬+ミルク)なので勢いよく食べる。

と、こんな感じ。
朝と寝る前は進んで食べてくれるんだけど、午後からのごはんは膝に乗せて口元に掌を添えてあげないと食べない・・・。まるで「おぼっちゃま」扱い。さしずめ私は、「下僕」ってところかしら。
でもいいの。Keiが元気ならそれで。お仕え致しますよ、おぼっちゃま。
2004年2月1日その2
もじもじちゃん
Arryが発情しています。たぶん・・・。

いつもなら、私におしりを突き出して「撫でて〜」と云ってくるのだが、今回は様子がちょっと違う。
座っていると、膝に乗ってきて甘える。で、背中をマッサージするようにさすっていると、今度はひっくり返ってお腹を出す。あごの下からおしりの辺り、脇の下や下肢の内側・付け根付近をもみもみしてあげると、至福の表情。とても気持ちがいいらしく、手を止めると「う゛にゃ〜」と抗議する。

でも、いつもと違いしつこくない。

う〜ん?単に発情しているだけなのか、マッサージに目覚めただけなのか(笑)。

マッサージされるのは、TOMMYも好き。お腹は少し嫌がるけど、頭と背中と側面をもみもみ・さすりさすり。

いずれにせよ、もじもじしながら甘えてくる姿は可愛すぎ。
親ばかモード全開で相手しちゃいますね。
2004年2月1日
病院好き
昨日はTOMMYの検診の日でした。

いつものようにキャリーバッグに入れて、車に乗って「たかはし動物病院」へ。
キャリーの蓋を閉めた途端に「んみゃ〜」の連発(苦笑)。病院の待合室に入って、蓋を開けて撫でてあげると鳴きやむ。そして「ごろごろ」喉を鳴らし出す。決して、キャリーが嫌いな訳ではない。部屋に置きっぱなしにしているが、たまに中に入って寝ているし。単に何処に連れて行かれるのか不安なだけなんだろう。

で、診察台へ・・・。
体重5.9Kg。少し戻った。ごはんの量、少しだけ増やしたからね。
そして、この日は年に1度のワクチンの接種。AHTのお姉さんに保定されても、お注射打たれても、更には歯石取りまでされても「ごろごろ」云ってる・・・。KerryやArryのように身体を緊張させることもなく。
病院が好きなんやね〜。って云うか、先生やAHTのお姉さん達が好きなんやね〜。おかげで「不思議なコ」とか「珍しいコ」って云われる。皆さん苦笑混じりの笑顔。結構、人気者らしい。

そうそう、今回は血液検査は無し。
ずーっと安定しているから、2ヶ月に1回でいいって。良かったね〜。ねぇもお財布が助かるから嬉しいよ(苦笑)。

それにしても、病院に行って動じないのは、TOMMYとKeiだけ。もしかして年の功ってやつかしら。

2月最新の記事へ戻る

一覧へ戻る